ナトリニウムプロデュース

同人サークル『ナトリニウム』公式サイト兼リニールのブログ。基本ごちゃごちゃしています。

CIES-0006『ヨルサクラシンクトリカ』歌詞特設サイト

ヨルサクラシンクトリカ

 

原曲:妖々跋扈

編曲:Renyl  作詞:Renyl

ボーカル:みるくてぃ

 

 

モノクロのヨルの果てに咲く 銀の月を
手のひらに踊る花びらで 淡く映して。

呼び覚ます夢の日々 集めていつか
あの春の夜(よ)の様な 甘き熱をまた

遠く遠く置いてきた筈の 季節はまた巡り来る
過ぎて往く加速した誘惑は 蝶々(ちょうちょう)のよう
時の中悩ましの横顔 惹かれる私の奥に
可憐なる水色の強さで 隠した一つの記憶

モノクロのヨルの果てに咲く 銀の月を
手のひらに踊る花びらで 淡く映して 灯して
色付いた心の密かを 零す星を
あやすようにあの場所で光る 夜のサクラ。


目を覚ます陽の光 差し込む窓に
あの時の微睡みの 紅い冬をまた

遠く遠く忘れてた筈の 鼓動はまだ聞こえない
過ぎて往く幽幻の春風は 幾億の魂(こん)
時の中の無邪気な横顔 寄り添う私の奥に
可憐なる青色の意志(こころ)で 封じた一つの記憶

モノクロのヨルの果てに立つ 孤独の子を
星空に舞わう花びらが 騒ぐ心を 灯して
手をとった小さな心を 融かす言葉
未来まで照らす程眩しい 夜のサクラ。

始まる春を告げた 月明かりの下
終わりの最後なら 此処で迎えて

 

 

 

幻想のEnsemble

 

 

原曲:幽霊楽団 ~ Phantom Ensemble

編曲:DjXEoN 作詞:詠人知らず

ボーカル:ゆうしぃ

 

 

鳴りやまぬ旋律は君と僕とのアンサンブル
空架かる五線には七つ音が踊る
書き添えたリリックス君の名前を織り込んで
溢れ出す音色には秘めた想い込めて

さぁ、日が沈んで夜が更けるまで明けるまで
不器用な小夜曲に幕を下ろさぬように
歌い奏で響かせて君の彩りを刻み込み
溢れ出す涙には気づかぬふりをして

鳴りやまぬ幻聴はいつか奏でたアンサンブル
朽ち果てた五線紙に遠い音が眠る
書き上げたレクイエム君の名前を付けられず
終曲のその先を響かす独奏を

もう、色あせて思い出せぬほどぼやけても
錆付いた楽器手にひび割れた音を吐く
叫び鳴らし轟かせ君の面影を描き出し
終わらないアンサンブルも一度響かせる

 

 

 

心色コントラスター

 

 

原曲:人形裁判 〜 人の形弄びし少女

編曲:Renyl 作詞:べれった

ボーカル:Nah-nA

 

 

 

集めた七色私の中に渦巻いて
束ねたならきっとすべてを呑み込む闇色なの

いくつか選び混ぜ合わせ
思いのままに作れる色は
際限などないくらいその絵を染めてくけど
手元に残るのは暗く濁ったパレットで

周りを彩るきらびやかな色たちさえ
重なり混ざり合い自我さえ失い黒になるから


心の中のこの澱(おり)を
吐き出すように指を踊らせ
空を裂いた糸の先
光の中煌めく
手元に戻るのは糸を束ねたプリズムで

何かに憧れ手当たり次第集めても
求めた姿には届かないことがわかるだけかな

周りの輝きうまく受け止められなくて
歪ませ曲げた先そこに現れたのは七色で


私の
集めた七色すべてが光となるなら
束ねて重ねていつか私だけの 力になる